埼玉県比企郡 鳩山町のモリヤ動物病院は、犬、猫、うさぎなどペットの外来、検査、治療、予防接種等で、飼い主さんとペットをサポートする動物病院です。
診療案内 平日9:00-12:00 16:00-19:00  土曜9:00-12:00 14:00-19:00  日曜・祝日9:00-12:00 14:00-17:00  休診日:木曜日
<< ☆クリリンとゆかいな仲間たち☆ 〜キララの巻〜 | TOP に戻る | 臨時休診のお知らせ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - *

東洋眼虫について

みなさんは、東洋眼虫 (とうようがんちゅう) という寄生虫を聞いたことがありますか
先日、「目やにが出るんです。」と来院されたワンちゃん
目をよーくよーくよーく調べてみると・・・
眼球とまぶたの間で動く、白くて細長い虫が



この糸くずのような白い細長いものが東洋眼虫と呼ばれる線虫で、体長8〜16mmほど。
この子の右目の中でくねくね動き回っていて、なんと10匹もいました


どうやって感染する
東洋眼虫は、『メマトイ』という小型のハエによって媒介されます。 
メマトイはショウジョウバエの一種で、体長3〜4mmの羽虫。動物の涙液や目ヤニを摂食する性質があります。
その際に東洋眼虫の幼虫がメマトイの口器から体内に侵入→幼虫を持ったメマトイが別の犬や猫(まれに人間)の涙液・目ヤニを摂食→幼虫が対象動物の結膜や瞬膜下にうつります
メマトイが目に卵を産むわけではありません。また普通に接している限り、犬猫同士による感染はほとんどありません。

東洋眼虫の寄生は西日本、特に九州に多いようですが、今回のワンちゃんは北海道に一時預けていたとか・・。もしかしたら鳩山で感染したのかもしれないですし、怖いですね

媒介するメマトイは山林や川、畑にも多くいて、全国的に広く分布している虫です。
数匹、時には集団でヒトや犬猫の顔周りにまとわりついてくる小虫に遭遇したことのある人もいるのではないでしょうか?

※「動物の涙からタンパク質を摂取する小型のハエ」を総称してメマトイと呼ぶそうで、その呼び名は『目に纏わりつく』ように飛ぶ習性からきています。日本には数十種類が生息しており、上の写真はその一種です。


症状は
東洋眼虫の寄生によって起こる症状は、目ヤニ・結膜炎・異物感など
感染初期はほぼ無症状のまま経過し、3〜5週間で目の中で成虫になり、動き回るようになって初めて目ヤニなどが表れます。
虫はパッと見ただけでは発見しにくいのですが、もし白く透明な虫が目の中で動いているのを見つけたらすぐ病院へ
放っておくと結膜炎や視力減退、目が開かなくなることもあるそうです。

虫自体は目の中で動き回るだけで目を傷つけたりすることはないのですが、異物感により目をこすってしまうと角膜に傷がつくこともあります



治療はどのようなことをするの
ピンセットなどを使って、直接虫体を摘出します。
東洋眼虫は取ろうとすると逃げたり、目の奥や涙管に入り込んでいたりするため、1回では取りきれないこともあります。まぶたをひっくり返したり瞬膜をピンセットではさんだりする必要があるので、犬猫が暴れて危険な場合は全身麻酔をかけることもあります
先日来院した子はおとなしかったので無麻酔でがんばってくれましたが、目の処置は動くと危ないのでしっかりと押さえなくてはならず、先生と看護師 総動員の処置になりました
虫を摘出した後、結膜炎などの治療のためお家で点眼をしばらく続けてもらいました。


予防は出来るの
なるべく虫の来ない環境にする、ハエの駆除薬をつるしたりしてこまめに駆除する、山林などには行かない・・・など。
東洋眼虫は、フィラリアやノミ・ダニと違って専用の予防薬がないため、完全に予防することは難しいようです。
しかし報告例によると、東洋眼虫に感染した犬のほとんどがフィラリアの予防をしていないor2カ月以上投薬をし忘れたことがあったとの情報もあり、フィラリア予防薬の成分で東洋眼虫の幼虫をある程度駆除できるのではないかといった説もありますが、定かではありません。また駆除効果が期待できるのは感染初期の幼虫だけで、成虫になってしまうと効かないとのことです。
(ちなみに冒頭で東洋眼虫を摘出したというワンちゃんは、毎年フィラリア予防されていました
ハッカ油がハエや蚊除けとして有効という話も聞きますが、ワンちゃんネコちゃんは嗅覚も鋭くかわいそうなので、やめたほうがいいかもしれませんね

とにかく、ワンちゃんネコちゃんの目の周りに止まっていたり、まとわりついている小虫がいたら、すぐに追い払うように気をつけましょう
特に3~10月くらいの暖かい季節は要注意です


感染地域が広がっている
東洋眼虫は西日本では割とよくみられる寄生虫のようですが、ここ数年で生息地域が徐々に北上しており、関東以北でも感染が報告されるようになってきているそうです。
また、媒介するメマトイは自然豊かな森林や農村だけでなく、熟果実・発酵食品・野菜くず等の臭気の高い物に集まることもあるので、住宅地で多数発生する例もあるとのこと。

当院の患者さまでも、同じワンちゃんが一昨年と今年の夏に感染を確認、つい先日別のワンちゃん1頭からも東洋眼虫が発見されました。
2頭とも鳩山在住ですがお家はかなり離れているので、鳩山町近隣の地域で東洋眼虫を持ったメマトイが発生しているものと思われます

感染が多いとされる季節はもう終わり冬に差し掛かろうとしてはいますが、みなさんも気をつけてくださいね
モリヤ動物病院 * 病気・予防 * 17:20

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:20
このページの先頭へ